修了生の声(修了時のアンケートより)51期 [修了生の声]
2015/11/05(木) 21:15 スタッフ

<修了生の声>
第51期6月生の修了時のアンケートより(一部抜粋)。
1) は、「全7テーマの中で、良かったものと、その理由」
2) は、「ナレーターカレッジについてのご意見・ご感想」


女性・40代・会社員
1)平光先生「スタジオ朗読実習」
好きなものを用意して読むという授業を受けました。私は「自由に」と言われるのが一番苦手なので、この授業がとても嫌でした。ですが、この授業を受けることで、自分が声を使う仕事のどんなものに興味があったのか、どんなことをやりたいのかが見えてきたので、一番印象に残っている授業となりました。
2) ナレーターの勉強というのはどんなことをするのだろう。授業料、わりと高いな。というのが、最初に思ったことでした。修了して、先ず高いという気持ちはなくなっています。実際にマイクに向かって原稿を読むことが多く、楽しく充実した授業内容だったと思います。

男性・20代・自営業
1)多田先生「VP・長文実習」
技術的なことはもちろん、先生の経験に基づく考え方や、人としての在り方など、様々なお話を聞くことがとても楽しかったです。自分を一流の中におく、という感覚をしっかり意識して生活・仕事をしようと思えました。
2) 素晴らしい先生方、スタッフの方々と運営体制だと思いました。本当にありがとうございました。

女性・20代・営業
1)多田先生「VP・長文実習」
普段自分が本を読む時に、時々声に出して朗読してみることが好きですが、読み方が分からず、なかなか進歩しませんでした。でもゆっくり、声を低く、呼吸を整えて、読めるようになると、発音がよくなり、読むことももっと好きになりました。また雑談も好きでした。

女性・20代・フリーター
1)多田先生「VP・長文実習」
歌舞伎読みで長文を読むというのは、初めは衝撃的でした。しかし、やっていくうちに言葉一つひとつに上がり下がりがあって、それをはっきりさせると、とても聞き取りやすくなると感じました。VP・長文の授業を受けた時に、今まで受けた様々な授業の点と点が繋がっていくような感覚を覚えました。
1)仲務先生「本番実習⑦」
2つのキャラクターでやるのは初めてだったので、とても緊張しましたが、自分の殻を少し破れたような気がしました。楽しかったです。
2) この3ヶ月間、様々な授業をして頂いて、声の出し方が最初の頃と比べて、すごく変わって来ているのを感じました。地声を作り上げるという意味が少し分かった気がします。これからも頑張っていきたいです。

女性・20代・アルバイト
1)仲務先生「本番実習④」
掛け合いでのCMが楽しかった。一人だけでなく二人で呼吸を合わせての収録は、作り上げている感じがあって好きでした。良くなかった授業は一つもありませんでした。どれも楽しかったです。
平光先生のDJになる授業、藤崎先生のたんでん!渡辺先生の自身の思い出で作るCM、多田先生の歌舞伎読みなど、他では教わらない練習方法で多角的に自分を見ることが出来ました。
2) 最初はカレッジに通うのすら迷ったこともありましたが、通ってみて、他のスクールでは気付けなかった自身の可能性や改善点を見出すことが出来ました。練習方法も普段の生活の中で気軽に行えるものなので、プロを目指す人だけでなく実生活で使えるイイ声作りとしてもカレッジはおすすめです。

女性・50代・
1)多田先生「VP・長文実習」
6月から続けてきた実習、発声の全ての授業の総まとめ的、振り返り的「初心忘るべからず」的長文実習は、心にも身体にも浸みました。
2) 楽しすぎる3ヶ月でした。人にすすめたいです。(笑)ありがとうございました。

女性・50代・OL
1)平光先生「スタジオ朗読実習①」
ラジオのトーク番組の設定で目の前にいる人を相手に『やりとり』をすることと、自分の考えを相手に伝える作業を楽しみながらできました。マイクだけだと、その向こうにいる人を忘れてしまいそうになりますが、目の前の人にも、遠くの人にも思いを届けることは同じなのだと実感しました。もちろん、他の講習も良かったです。
2) どの講習も学ぶものが多く、全てを受け取れたとは到底言えません。「いい経験だった」で終わらせないためにも、目指す場所を見失わないようにしたいと思います。

男性・40代・会社員
1)多田先生「VP・長文実習」
抑揚ではなく音階なのである!まさに目から鱗、自分にとって大切な最後のピースとなる善言でした。
1)仲務先生「本番実習」
素人には得がたい経験の数々となり、素直に楽しめました!
1)平光先生「スタジオ朗読実習」
実践系の授業は、参考となることが多く勉強となりました。
2) ズブの素人相手に、愛情あふれるご指導をいただき、本当に感謝しております!

女性・30代・会社員
1)多田先生「基礎発声、VP・長文実習」
『声を発する』という毎日無意識にでも行っているものに、どんなに沢山の気のくばりどころがあるのかを教えていただきました。
1)渡辺先生「朗読実習」
目の前でプロの読みを見せていただき、プレイヤーの視点で改善点のアドバイスを下さったこと。そのアドバイスはとても分かりやすく的確で、DVDを見て前後の違いがはっきり分かりました。
1)仲務先生「本番実習」
演出家ってすごいと思いました。今の自分がどうで→どこが問題だから→こうすれば良い。というメソッドを、勘や感覚に任せず分かるように示してくださったので。
2) ナレーターを目指すこと、さらには人生の充実に『自分の声そのものを高めよう!』と目を開かせていただいた思いです。ありがとうございました。

男性・40代・会社員
1)多田先生「VP・長文実習」
与えられる文章は氷山の一角であり、その下には莫大なストーリーや想いがいっぱいある。それらを踏まえることの大切さ、それが出来るのがプロの仕事だということに感銘を受けました。
2) 本番のような体験はとても貴重で、とても良い緊張感を持って取り組むことが出来ました。ありがとうございました。

女性・30代・会社員
1)多田先生「VP・長文実習」
今まで自分の声が『どんな声なのか?』を考えた事もなく、どこがいけないのか、どうすれば改善するか?を教えてくれる学校はありませんでした。1人1人に合った練習方法を下さったのは多田先生だけです。その練習を続けていくうちに、自分の声の出し方が少し変わった事に気付きました。今までは『ただ、何となく』練習を続けていましたが、これらは目標、目的を持って練習することが出来ます。ありがとうございました。
1)仲務先生「本番実習」
仲務先生には『色々な声の出し方がある』と教わりました。『しっかり読むことだけが大切』と思っていた私には、目から鱗です。しゃべる事への楽しさ、面白さが伝わりました。
2) 私は今まで、たくさんのアナウンス学校に通ってきました。ただ全員が同じ練習の繰り返し、そして『何のためにこの練習をしている』と伝えられないままに、行ってきました。そのため、だんだん練習が苦になったり、自分の声の変化が感じられなかったですが、ここでは日々、少しずつですが自分の変化が楽しくて、これからも勉強を続けていきたいと思いました。

女性・40代・事務職
1)藤崎先生「自己表現と感情表現」
今まで生きてきた生活習慣によって、体の使い方が違ってきたために声の出し方が違ってくるというお話を聞いて自分の今までの生活を見直すきっかけになりました。だから声がうまく出ていなかったんだと思い、これからの自分の生活を変えていこうと思います。そしてリラックスして、お腹から声を出せるようになりす。
2) スタッフの方の感じがよく、とても楽しくすごさせていただきました。ありがとうございました。

女性・20代・会社員
1)多田先生「VP・長文実習」
正しい音とアクセントで発せられた声には『言霊』が宿るという言葉が印象的でした。今まで、自分に自信がなくて声を出す時に変なクセをつけたりしていたのですが、余計なことを考えず正しい音を紡ぐことに集中しよう、と吹っ切れましたし、それが自信につながりました。
2) スタッフの方のサポートも手厚く、とても有難かったです。3ヶ月間、どうもありがとうございました!!

女性・40代・
1)平光先生「スタジオ朗読実習」
マイクの前で原稿を読む事が、こんなに楽しい事だと驚きと共に、『やっぱりこれをやりたい』と強く感じた。自分が語る事よりも、『伝えたい』との思いが生まれた。
2) 他を知りませんが、ここにきて良かったと思っています。とても充実した内容だと感じています。

女性・40代・会社員
1)全て「全て」
どの講習も、自分にとって吸収してためになる事ばかりで、普段でも役に立つことばかりで3ヶ月という短い期間でしたが、とても濃厚で宝物をたくさんいただきました。CMの授業が一番楽しかったです。
2) 対応がとてもよくて、楽しく講習を受けることができました。ありがとうございました。



「無料スタジオ体験レッスン・説明会」ご予約はこちら