講師と新人ナレーターのリレーエッセイ『ナレーターへの道』 [リレーエッセイ]
2008/03/17(月) 02:36 webmaster

「ナレーターへの道」第1回

多田哲也(株式会社コーラルアイランド代表、CM・番組ナレーターカレッジ講師)

しゃべる仕事に興味がある。人を感動させたい。自分の声を聞いてくれた人がどこかほっとするそんな語りができたら、そして美しい日本語の響きをたいせつに良質な大人のコミュニケーションができる人間でありたい。


私たちコーラルアイランドのメンバーは、俳優、歌手、アナウンサー、そして皆さんと同じ普通の仕事をしながらナレーター活動を続けている人など、色々な人々の集まりですが、すべてのメンバーがこの思いをたいせつにしています。

私たちコマーシャルナレーターの仕事は、メーカーに代わって消費者の皆さんに直接語りかけるコミュニケーターの役わりを担っているわけですが、コマーシャルと言う15秒の限られた枠の中で、出会いや別れ、笑いと涙、そして希望や愛を伝える声の表現者である事に誇りを持っています。

「様々な思いが込められた文章を、自分の声で音声化する美学。」

私自身、これからも「赤坂番組・CMナレーターカレッジ」の仲間とともに言葉の美学をより高めてゆきたいと考えています。

以降、この欄では新人ナレーター自身の体験談や、私を含めた当講座の講師陣による「現場」にたずさわる者ならではの話題を紹介していく予定です。ご期待ください。