原山実子ブログその10「大川充夫アナウンサー」 [修了生ブログ]
2017/11/06(月) 22:09 ディレクター

ダート競馬の祭典・JBC。
今年はレディスクラシックで、大井所属馬・ララベルが最後の接戦を制し、10年ぶりに地方所属馬として勝利を挙げました。
第1回JBCが行われたのは2001年。初めての地方所属馬の勝利は、2007年JBCスプリントのフジノウエーブでした。
この時の実況を担当していたのが、南関東4場、笠松、金沢の競馬場で場内実況を担当する「耳目社」のアナウンサー・大川充夫さんです。

 

今回は、大川さんにお話を伺いました。
伺ったのはJBCの当日。レース直前に貴重なお時間をいただきました。


―大川さんは、レースアナウンサー養成講座終了後、実況アナウンサーになられたんですね。

大川さん(以下、大川)「当時のラジオたんぱ、現在のラジオNIKKEIのレースアナウンサー養成講座、2期生です。アナウンサーになって21年目になります」

 

―実況アナウンサーになった経緯を教えてください。

大川「平成3年くらいに、友達に誘われて競馬を見るようになりました。競馬が好きで『言葉』が好きで、『競馬の実況アナウンサー』に興味を持ったことがきっかけで、講座に通いました。当時、講座の講師だったアナウンサーの宇野和男さんがとても面倒見の良い人で『アナウンサーになりたいです』と言ったら、すぐに連絡を取ってくださって。北関東、足利・宇都宮競馬場を担当している会社を紹介してもらって、行ったら、もう実況をやる事になっていました。」

―すごく展開が早いですね!それだけ実況の力があったということでしょうね。
大川「たまたまアナウンサーに『空き』があったので、即入ることができましたが...今はもう、いろいろ事情が違いますね」

 

―北関東で採用された当時は何歳だったんですか

大川「27歳でした。講座に通っている時はアルバイトをしていて、週末は中央競馬の競馬場に通っていました。練習じゃないですよ、遊びに、です(笑)」

 

―いきなり実況アナウンサーになったわけですが、初実況はいつでしたか?

大川「会社に入って、2か月ちょっとくらい練習期間がありましたが、デビューまで短かったですね。講座の入門コースしか行っていなかったので、4月に講座が終わって、5月には北関東に転居して、7月にはデビューさせてもらいました。」

―実際に実況アナウンサーになって喋ってみて、いかがでしたか。

「最初の頃は、1日に2つ3つくらいしかレース実況をしていないのに、帰りの車に乗り込んですぐにエンジンをかけられないほど、毎日とにかく疲れてきっていました。背中、肩こりがすごかったです。実況の内容がどうとかいうよりも、帰りのあの『疲れ』がとにかく記憶に残っています。」

 

―足利・宇都宮の場内実況は、どのくらいの期間担当したのですか。

大川「2005年に宇都宮競馬場が廃止になるまで、8年実況をしました。2003年に足利が廃止になり、2005年3月14日で宇都宮が廃止。どこかで実況を続けたいと考えて、そこで、以前名刺を交換していた耳目社の方に連絡を取って『実況やらせてもらうことはできないでしょうか』と伝えてみたら、本当にたまたま、その時期に耳目社をお辞めになる方がいたんです。やらせていただけることになり、それで南関東に移ることになりました。タイミングですね。もしも宇都宮の廃止が1年ずれていたら、移籍はできていなかったでしょう。」


―南関東に移籍してからは、どんな状況だったんですか。

大川「4月1日に入社して、最初の半年は表彰式の進行やイベントの司会をしていました。半年後に実況デビューして、もう南関東では12年経ちました。」


―初めてJBCの実況をしたのはいつですか

大川「初JBC実況は、御神本騎手が勝った時です」


―2007年JBCスプリント、フジノウエーブですね。大きなレースを喋るにあたり、レース前に何か思うことなどありましたか。

大川「自分がJBCを喋ることは想定していなかったんです。もしあのまま宇都宮が続いていたら、JBC開催が回ってきたかもしれませんが、廃止になってしまいましたから。全部の実況がそうですけど、特にあのレースは『虚心坦懐』でやっていたんだと思います。何かに思い入れとか、入り込む事なく『JBCをやっている』いう方に気持ちが行っていました。初めてのJBC実況は...いいも悪いも、自分では評価しづらいですね。」

―個人的には、馬名を呼ぶ強さでゴール前を表現しているあの実況、すごく好きです。今年もJBCを担当しますね。

大川「ありがたいですね。以前、昔の北関東時代の実況VTRを見る機会があった時に思ったのは、こんな実況をしたい、と目指しているものが、その頃と今とあまり変わっていない、ということでした。今日も『それ』を目指して喋ると思います。」

―実況アナウンサーになりたいと思っている人に、アドバイスをお願いします。
「やりたいことをやるには、人と人とのつながりがすごく大事になります。講座に行くと、実際に競馬の実況をやっている人と面識を持つことができる。家で競馬の番組を見ながら、ひとりで実況の練習をして、録音して『今日はうまくできた』と思っているよりも、講座に行って、アナウンサーと面識を得ることの方が有意義なはずです。
そして、とにかく何でもやってみる。例えば競馬の実況をやりたいと思っている人が『野球の実況やらない?』と言われた時に『野球やったことがないからできません』ではなくて『やらせてもらえるならやります!』と一生懸命勉強してやってみる。数年前、耳目社で新人アナウンサー採用にあたっての面接で、みんな口をそろえて『僕は実況ができるようになるでしょうか』と言うんです。しり込みするのは無駄です。
技術的な部分においては『うまく』なれるかどうかは別として『できる』ようにはなります。いろんなことを面白がってやってみること、これはすごく大切だと思います。」

 

耳目社では、レース講座終了生が大川さんを含め3名採用されています。

実況アナウンサーの夢をかなえるには、実力と「タイミング」も、大きな要素になるようです。

今回は、いつチャンスが来てもいいように、自分を磨いておくこと、「縁」というアンテナを張り巡らせること、楽しむ気持ちを持つこと、何でもやってみる気持ちを持つこと、いろいろ教えていただきました。

大川さん












大川さん、どうもありがとうございました。









原山実子
 レースアナウンサー養成講座第6期修了生(本人ブログより)

原山さん

::現在のお仕事::
bayFM「Radio Pro Shopper
bayFM「競馬A GOGO!」(GI開催週金曜日OA)
MBSラジオ「GOGO競馬 サンデー」関東GIアシスタント

ラジオNIKKEI「通販/ショッピングキャスター講座」
          「赤坂アナウンス塾」 講師

他、通販ライター、テレビショッピングやネットショッピング等のコンサルタント、
商品プレゼン、キャスターマネージメントなどもしています。

__________________________________

::今までのお仕事::
(司会)
千葉サラブレッドセール(競走馬のセリ)司会、場内ナレーション

大井競馬場トークショー
船橋競馬場
中山競馬場
東京競馬場
プラザエクウス
Gate-J
JRA競馬学校イベント
ウインズ後楽園
ウインズ錦糸町
ウインズ浅草 など

SEGAメダルゲーム「スターホース」イベント
統一GI勝ち馬祝勝会
他 競馬関係イベント司会
ブライダル  
他多数

(テレビ/ラジオショピング・CMなど)
・QVC
・日本直販
・日本文化センター
・『下町人情ショッピング』

・ライスフォース・ラジオショッピング(秋田放送、ラジオ福島、北陸放送、FM群馬 他多数)
・山田養蜂場みつばち健康広場(MBS) 他

(ゲーム)
メダルゲーム「Star Horse PROGRESS」(SEGA)アナウンサー

(その他)
・レポーター
・ライター(競馬・占い)など
(本人ブログhttp://blog.goo.ne.jp/ririan_hより)