伊藤政昭ブログ その2 [修了生ブログ]
2016/03/21(月) 19:05 ディレクター


昨今、あらゆるスポーツで女性の活躍が目立っていますが、
ボートレースも、その例外ではありません。その中から、香川支部の中村桃佳選手をご紹介しましょう。


デビューして、この五月で二年が経過する、まだキャリアの短い若手レーサーですが、将来性は十分。 
彼女の第一印象は、レーサーとしての気持ちの強さでした。


最初にピットリポートで中村選手に取材をしたのはデビューから半年ほど経った頃で、
当時は、まだ1着でゴールしたことはありませんでした。


が、そんな状況の中でも、レースに関しての取材時の受け答えは実に頼もしく、
まるで、もう5年も6年も走っているかのように、堂々と答えてくれました。
気技に優れたレーサーがでてきたな、と思ったことを覚えています。

 

その中村選手、今年に入ってその資質を花開かせようとしています。


この一月、下関のレース場で、初優勝を飾ったんです。
それも、過去にSGレースを何度も勝ったことのある男子猛者を相手にです。

その後にお話を聞いたときは、「まだ優勝の実感はないんですよね」と、
恥ずかしそうに笑みも浮かべていましたが、
どうやら、「調子の波」があることを気にしているようでした。

 
そんな今、中村選手は自らを高め、その波を少なくすべく、プロペラの調整整備に立ち向かおうと考えています。
最近のボートレースの整備の最もオーソドックスなプロペラ調整ですが、
また中村選手は、その核心に迫る取り組みはしていなかったそうです。


それでも今の成績ですから、将来性を感じさせるわけですが、
彼女の師匠は、平山智加選手。
現在ボートレース女子選手を代表する存在です。

「なかなか師匠と一緒に走れる機会がないのですが、一緒になったら、いろんなことを学んで、盗んで行きたいです」と、話す瞳はキラキラ輝き、更なる成長を確かに感じさせるもでした。


進入コースも主張し始めた彼女の走りから、しばらく目が離せそうにありません。





 

伊藤政昭 レースアナウンサー養成講座第13期修了生

『グリーンチャンネル』

・中央競馬パドック中継MC

・地中海ケイバモードMC

・その他特番進行MC等

『レジャーチャンネル』

・ボートレースタイム(ボートのニュース番組です)MC

・SG・GI中継総合MC

・その他レースライブMC等

 

平和島、桐生、多摩川他ボートレース場『ピットリポート』、『勝利者インタビュー』など。