朗読・ナレーション教室につきまして(11月より「声とことばのトレーニング講座」にリニューアルいたします) [講師・カリキュラム]
2017.10/14 スタッフ 記事URL

ボイストレーニングと朗読を通して、美しい声とことばを身に付けたい方に。
プロのナレーション技法、聴く人の心に残る、説得力のある話し方でワンランク上の音声表現を。


 受講生、随時募集中!
8月5日より(3ヶ月間、全10回)開講!
ご見学、ご受講のお申し込みは随時承っております。
(開講中でも講座へのご参加は可能です。詳しくは事務局にご質問下さい。)


※現在、10月21日(福本)、28日、11月4日の14時~16時の日程で、
無料で実際の講座をご見学・体験いただけます。
(要予約)
(福本先生の授業のみ体験可)
※11月4日より、講座名を「声とことばのトレーニング講座」にリニューアルいたします。

講座のお問い合わせ・見学のお申込みはメールフォーム、
またはフリーダイヤル0120-77-3925までご連絡ください。

休日の土曜日に朗読を学びたい方、朗読やナレーションなど音声表現に興味のある方のための講座です。ナレーターを目指す方の入門編として、またナレーションのスキルアップにもご活用頂けます。
皆様のお申込みをお待ちしています。

~受講要領~

期間 3ヶ月・全10回 (原則毎週土曜日、14時~16時開講。年末・年始、お盆期間、祝日を除く)
募集 定員15名程度まで ※10名に満たない場合は開講を見合わせる場合があります。
講習内容  
発声・発音の基礎訓練、ショートストーリー、小説、スタジオ実習。
 
「基礎的なナチュラルトーンの発声、人に優しい発声や思いやりの音を追求します。
日本語の構造や発音の仕組み、黙読と朗読の違いといった基本から始めて、躍動感のある表現ができるようになることを目標に進めてまいります」(多田哲也)。
  
講師
多田哲也
(ナレーター、ナレータープロダクション代表。日本大学芸術学部卒)

福本ひとし
(演出家・俳優、ナレーター。青年座付属養成所卒)
 

⇒資料請求、無料見学・体験のお申し込み


(月)(火)(水)(木)昼・夜クラス [講師・カリキュラム]
2014.12/01 ディレクター 記事URL
※開講中の教室のご見学・ご入講は随時可。詳細はお問い合わせください。

講座のご受講、または無料体験、ご見学をご希望の方はメールフォームもしくは、
0120-77-3925でご予約ください。



フリーダイヤル 0120-77-3925
ラジオNIKKEIスクール事務局


プロフィール
武藤直路
(むとう なおみち)
青山学院大学文学部英米文学科卒。ラジオ番組の制作・演出から
ファッションショーのプロデュース、
スポーツの評論と幅広い分野で活躍。
ラジオドラマ、ドキュメンタリーの制作で、
「放送文化基金賞・ラジオ番組賞」、
「日本民間放送連盟賞ラジオ報道番組最優秀賞」他、受賞多数。
実践コースでは夜の4クラス、昼の1クラスを担当。
山内 碧
(やまうち みどり)
東京芸術大学音楽学部声楽科卒。
ディレクター、脚本家。
障害番組、政府広報番組、法務省録音教材、
VTR教材等を中心に制作。
ナレーターとしてもラジオドラマの出演多数。
実践コースでは昼の8クラスを担当。

 母子家庭の母親の夜遅い帰宅。「ただ今」の声に、子供は母の恋に気づく。80歳の受講生Nさんは、この「ただ今」がお上手。老女の息苦しさも忘れて、色香はポンペイ遺跡の食卓のようだ。永遠があって、命がある。いや、命があって、永遠があるのか‐。
 男は迷いに迷って、一度店を出、舞い戻ってきた。そしてまた箱を手に取った。「何にお使いになるんですか」。思い切って、T子さん(店員・35歳)は声に出してみた。「母の骨を入れるんです」...。朗読を始めて売り場でも人の心が読めるようになった。桜の箱に思いを込めてリボンを結んだ。(武藤直路)



 受講生のSさんの御主人が言ったという。「朗読を始めてお前は人間が良くなった。俺の話を聞くようになった」‐。「そうじゃあないんです」ペロリと舌を出して、Sさんが続ける。「先生おっしゃったでしょ、朗読は人間観察だって。"ふーん、60代のオヤジってのはこんな風にしゃべるのかあ"そう思うと、つい身を乗り出して聞いちゃうんです」(笑)。
定年退職を迎えた夫の傍らで、妻たちの新たな時間(とき)が始まりを告げている。
(山内 碧)


1回(もしくは2回)完結のカリキュラムで多くの作家(作品)を取り上げます。
物語や登場人物の背景に加え、作家の意図までをも読み取る作業を通して、作品の世界を深く表現する指導が大変好評です。

⇒見学、無料体験レッスン、資料請求のお申し込み


(月)(水)(金)昼クラス [講師・カリキュラム]
2012.07/06 ディレクター 記事URL

「語りのプロ」が発声の基礎から丁寧に指導!


【「時代物を読む」クラス】
月・水・金曜日
14時~16時 講師:神谷尚武(ナレーター・語り)
※金曜日は11時~13時クラスも有




授業のご見学は随時可能です。ご希望の方はお問い合わせの上、ご予約ください。


フリーダイヤル 0120-77-3925
ラジオNIKKEIスクール事務局 


神谷尚武
(かみや ひさたけ)
日本大学芸術学部放送学科アナウンスコース卒業後、
グループサウンズの専属司会を経て、フリーに。
TV旅番組のナレーター、ラジオ番組のDJ、
イベントの司会などを務める。
現在は、池波正太郎作品など時代小説の朗読CDや、
語りの会「ぼてふり」での朗読舞台などの出演を
精力的にこなしている。
実践コースでは昼の6クラスを担当。

 実生活ではなかなか体験し得ない世界を味わうことができるのも朗読の面白さではないでしょうか。時代を超えてさまざまな人々に出逢える楽しさ。イメージの世界で遊びながら、自分の声で表現する素晴らしさを実感してみませんか。
 肩の力を抜いて楽しんでいきましょう。


発声・発音の基礎訓練、時代小説、スタジオ実習など

⇒見学、無料体験レッスン、資料請求のお申し込み


(木)夜 加藤みどりの朗読講座クラス [講師・カリキュラム]
2011.02/14 webmaster 記事URL

このクラスは、現在募集しておりません
隔週木曜日 午後7時から9時のクラス 
         午後3時から4時30分のクラス 


7時~9時のクラスは定員補充(若干名)募集のみです。

ご希望の方はフリーダイヤル0120-77-3925までお問い合わせください。


プロフィール
加藤みどり
(かとう みどり)
アニメ声優、TV番組のナレーターとして活躍中。
朗読の分野でも平成元年より朗読の舞台を続けている。


 芥川龍之介『蜘蛛の糸』。果たしてお釈迦様は、どんな色の、太さの糸を、どれくらいの深さまで、どんな格好で下ろしたのか。また白蓮はいくつ咲いているのか、蓮が浮かんでいる池の大きさは…。
言葉で足りないなら、体の動きで補って表現しましょう。読む人、
聴く人のイメージがさらに広がります。
 舞台、観客を意識した朗読です。楽しく、そしてビシビシ鍛えます。覚悟して来てください。(加藤みどり)


 『蜘蛛の糸』、『よだかの星』他、詩や民話、童話の群読など。
 立ち方、歩き方などを含めた身体を使った表現指導で、主に舞台での朗読を志向しています。
 また発声・発音は徹底的に指導します。声が大きく力強くなり、表現の幅が広がるといった講習の成果が期待できます。

⇒資料請求のお申し込み


(水)夜クラス [講師・カリキュラム]
2011.01/06 webmaster 記事URL

このクラスは、現在募集しておりません
講座へのご質問・お申し込みはメールフォーム
もしくはフリーダイヤル0120-77-3925へご連絡ください。


プロフィール
長岡一也
(ながおか かずや)
ラジオたんぱ(現日経ラジオ社)アナウンサーを経てフリーに。スポーツ中継の傍ら続けてきたポエム紹介番組は、やがて30年になる。現在テレビ番組司会も。千葉大学卒。
長岡京子
(ながおか きょうこ)
ラジオたんぱ(現日経ラジオ社)アナウンサーとして、番組司会、インタビュー、ナレーションを担当。退社後フリーに。茶道の指導も。学習院大学卒。


 夏目漱石、森鴎外、芥川龍之介など、長く読み継がれてきた名作には、素晴らしい日本語が満ち溢れています。こうした作品を選び、素直な心で声に出して読む、朗読の第一歩はそこから始まります。作品の力が、朗読にも命をふき込んでくれるのです。そして解釈が深まることで、あなたの朗読も、より豊かなものになっていきます。
 名作を朗読することで、豊かな心の広がりを体験してください。(長岡一也)

 芥川賞を受賞したある作家は、冒頭の一行を書くのに半年かかったそうです。
 このように作家は小説の書き出しに特に力を注いでいます。魂の入った文章に出会い、それを声に出して読んだ時、作品の持つ力に触発され、思いもよらないような感動を覚えます。朗読を通してよい作品と巡り合う事で、新しい世界が開けるのではないでしょうか。 (長岡京子)


心とからだに効く名文を読む「太宰治を読むクラス」

⇒資料請求のお申し込み


(火)昼クラス [講師・カリキュラム]
2011.01/06 webmaster 記事URL

このクラスは、現在募集しておりません
講座へのご質問・お申し込みはメールフォーム
もしくはフリーダイヤル0120-77-3925までご連絡ください。


プロフィール
白川次郎
(しらかわ じろう)
元ラジオNIKKEIチーフアナウンサー。
朗読サロンをはじめ、アナウンス関連講座の講師も数多く担当。


 力強い声には、人を惹きつける効果があります。説得力や信頼感も生まれてきます。朗読の基本がここにあるのですが、その力強い声はどこから生まれてくるのでしょう。出そうという意志と、筋肉の使い方を覚えること…。
 一人ではなかなかできないトレーニングをお手伝いしましょう。


発声・発音、滑舌トレーニングで「声の力をつけるクラス」
とくに基本を学びたい方に。

⇒資料請求のお申し込み